こんきちの雑記帳

アカペラ・ルパン・Mac そして日々の出来事…

■ アカペラ楽譜のネットショップ【こんきち堂】オープンしました ■
<< 2020年07月 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

受けたい授業 / ラブちぇん

テレビネタ2発です。


毎週ビデオチェックしている世界一受けたい授業。番組そのものも面白いんですが、VTR のバックに流れる BGM の選曲が凝っていて楽しいのです。ゲストの先生が解説する言葉の後ろにかすかに流れている感じなので聞き取れないことも多いんですが、ヒネったものに気づくと無性に嬉しかったりします。

今日は、判りやすいところでは、

 ● サカサクラゲの VTR で 中森明菜の「Desire」(真っ逆さ〜ま〜に〜)
 ● ラムネ工場の VTR で うる星やつらの「ラムのラブソング」
 ● 使用済み切符から駅のベンチを作る行程の VTR で ニール・セダカの「恋の片道切符」
 ● チューブ型ジュース工場の VTR で Tube の「Beach Time」

なんかがありました。一番よくヒネッたなーと思ったのは

 ●「ヘコアユ」という、逆さになって泳ぐ魚の VTR で「あばれはっちゃく」

まずこれが何の歌だったか思い出すのに時間が掛かって、「あー! あばれはっちゃくだー!」と思い出したときには無闇に嬉しかったんですが、「なんでヘコアユであばれはっちゃくなんだろう…」としばらく考え込んでしまい、「逆立ち」という共通点を思いついたときにはドーパミンが脳内に大量放出されました。

でもあまりに BGM を気にしてると、解説が耳に入らんのですよね…(^_^;


時々たまたま見かけるとつい見てしまうラブちぇん。夫に不満がある妻が番組に応募してきて、選ばれた2組の夫婦が互いにパートナーを交換して2泊3日を過ごすという趣旨。妻が夫の側の家に宿泊する形です。

妻側からの応募なので、大抵の場合オットの側になにか問題があって、私は見てると苛々して「よくこんな男と一緒に居るなあ…別れちゃえよ!」とテレビに向かって言い放ったりしちゃいます (笑)。「甘えん坊」「引きこもり」「気分屋で自分勝手」「人嫌い」等々。今の世の中こんなに、他人との関係構築に問題がある人間で溢れかえってるのかなあと空恐ろしくなるくらい。モチロン極端な例を選んでるんでしょうし、ヤラセがないとも限りませんが。

でもねー、女性の側の対応が実にイイんですよね。ウジウジ男に冷静で親切なアドバイスをあげたり、自分勝手男を気っぷ良く叱り飛ばしたり。スカッと爽快です。これがホントにヤラセなしだとしたら感心します。企画終了後に男性陣が問題点を克服してるかっていうと、まあそんなこともないんですけど、でも女性からの指摘に対してはそれなりの反応を示しています。

私は人と割と距離を置いて接するタイプなので、こんな「ありえない」人を目の前にしたら、ちゃんと真剣に向き合って相手に言葉をぶつけたりしないだろうと思うんです。あきれ果てて放っておくと思います。

でもこんな素敵な彼女たちなのに、ダンナの矯正は出来ないものなのかなあ、やっぱり (^_^;
category:アニメ・漫画・TV・映画  コメントを読む・書く (6)

ガンダム・ワールド

マイミクのまるさんのブログから頂いてきたネタです。↓これ、ご存じでしたか?

  ラジオCM -- NTTドコモ

まだ全部聞いてないんですが… アムロです。シャアです。ネタもしゃべり方もカンペキにガンダムです。しかもナレーションはキシリア閣下。

ラジオって車に乗るときくらいしか聴かないし、乗ってもCD聴くことが多いので殆ど全く触れる機会がないですが、こういうフザけたことはテレビよりやりやすそうでいいですよね。

そういえばアニマックスで「ガンダムシード」っていうのを見かけましたが、シャアもどきみたいなマスク被ったキャラがシャアもどきの喋り方していてハナについてしょうがなかったです。やっぱり本人じゃないとなあ。

どうして続編はこうツマランのだろう。
category:アニメ・漫画・TV・映画  コメントを読む・書く (4)

崖の上のポニョ

NHK の「プロフェッショナル・仕事の流儀」という番組、今日は宮崎駿の回でした。たまたまテレビが付いてて遭遇。ラッキー。

NHK のドキュメンタリーって、どうしてあんな辛気くさい BGM ばっかり使って、厳粛ぶったナレーション入れるんだろう。5秒で NHK の番組だって判っちゃうよ。

新作「崖の上のポニョ」の準備をする宮崎氏に、番組ディレクターが家庭用ビデオで張り付き取材。よく許可したなあ…まあクランクイン(とは言わないのか?)が近づくにつれて宮崎さんも段々ナーバスになってきて、映画制作に取りかかった辺りで取材は終わりだったけれど。でもって、今日日の家庭用ビデオの画質の良さに驚いた!

イメージボードがたくさん出てきました。今度のは描き込み精度ではなく素朴さを目指す、ということで、タイトルの入ったイメージボードは、単純化された(でも美しい)鉛筆の線に淡い色で着色がしてありました。なんとなく、「とんがり帽子のメモル」を思い出してしまった。

「半分素人であるべきだ」という言葉(←正確ではないです。こんなような意味)が印象的でした。仕事というより、自分が作りたいから作る、自分が存在するために作るんである。理想を失わない現実主義者にならなければ。理想のない現実主義者は最低だと言ってました。

ルパンのテレスペスタッフにも聞かせてあげたいです。(←今日も毒舌)

☆───────────────────────☆

ルパンといえば、今日の「笑っていいとも」のテレフォンショッキングにクリカンが出ていて、客席からの「ルパンやって〜」の声に「ふ〜じこちゃ〜ん」とか答えたりしているのを見てちょっとムッとしてたんですが (笑)(←いや、別にしょうがないんですけどね (^_^; )そしたら父親から電話が掛かってきて、「笑っていいとも見てる?」ですと。ロデオボーイに乗りながらだったので、声が揺れてました。歩きながらかけてるのか? それにしちゃ今やってるテレビの話してるし…と思ったら。変なご老体 (笑)

ルパン関連のことをテレビで見かけると必ず電話をしてきてくれる親、ってのも変わってますが、クリカンに対する私のスタンスまではさすがに理解していなかったようです(苦笑)
category:アニメ・漫画・TV・映画  コメントを読む・書く (2)

We〜 are the ちゃんぽ〜ん

リンガーハット(←音が出ます。ご注意を!)のCMです。長崎でしょっちゅう見かけるんですが、全国的にやってます?

HPにはデカデカとそのCMが。

歌声、結構オリジナルと似てませんか? うちの兄はマニアといっていいくらいの Queen ファンなんですが、似てるとか言ったら怒られるだろうか。

似てると言えば、「パチンコ〜 アタック〜 ナンバーワ〜ン」の歌声もオリジナルと凄く似てると思うんですけど。すごくね? あれは「ぱちんこ〜」の部分だけ吹き替えてるのかしらん。
category:アニメ・漫画・TV・映画  コメントを読む・書く (8)

悲しみ〜に〜 出会うたび〜

全労済の中村雅俊出演CMですが。あれって、本当の息子さんなんですねー。

http://www.iryou-cm.jp/

道理で声が似ていると思いました。いや、声だけでなくですね…息子が歌ってるのを聞いて、中村雅俊が「下手くそ!」と言ってからお手本を聞かせるわけですが、息子の歌と殆ど変わらん…(+_+) その台詞のあとに歌うなら、もうちょっといいテイクが撮れるまで粘れば良かったのに…などと失礼な感想を頂いておりました。

でもアレですね、「下手くそ」の指すモノは、歌ではなくてギターのほうだったのかも、と思い至りました。まあそれなら確かに、差は歴然です。ウン。(・・)(。。)

「下手くそ」の台詞がなければ、きっと取り立てて気にすることもなかっであろうこのCM。人のことを批判すると、自分に返ってくるものだなー、なんておかしな感想を抱いたりもしたのでした。
category:アニメ・漫画・TV・映画  コメントを読む・書く (6)

キリコが飲むウドのコーヒー

は、苦いそうです (笑)

  コトブキヤ

ボトムズの第1話本編終了後・次回予告でのナレーションに、そういう台詞があるそうで。こんな商品作っちゃうなんて、コアな世界だ〜。

…コトブキヤの商品ページ、Firefox でみるとソースがそのまま表示されるだけなんだけど、どうしてだろう…

ボトムズといえばオープニングテーマが大好きですが、本編は見ていませんでした。このあいだアニマックスでやっててちょっとだけ見たけど、残念ながらハマらなかったなあ。


全然関係ないけど、うちのダンナが沢村一樹にソックリだって、実家の両親が言っていました。姑のひいき目じゃん? と笑っちゃったのですが…似てる?

ちなみにうちのダンナは全然エロ男爵ではありません。シモネタ話してるのを聞いたことがありません。
category:アニメ・漫画・TV・映画  コメントを読む・書く (2)

15000日

新堂本兄弟という番組が好きです。こないだはゲストに「しょこたん」が出てました。彼女は他の番組でもチラチラ目撃してたんですが、本人が話すのをじっくり聞けたのは今回が初めてで、独特な感性がナカナカ気に入ってしまいました。やっぱり私にもヲタクの血が流れているからだろうか…(^_^; しかしブログ覗いてみましたが、文章は読んでると少々疲れますね (@_@)

しょこたんが番組で年齢を聞かれて「16歳と68ヶ月です」とか答えていたのが面白くて、16歳が基準ってことは、彼女は16歳のままで居たかったのかな〜と思いまして。ハタチそこそこで16歳という年齢に固執するのも興味深いですね。我が身を思い返せば、そのくらいの年の頃には「歳を取りたくない」とは思っていなかったような。しょこたんのはピーターパンシンドロームかな。或いは世間にそう装って楽しんでるフシもあるかも?

私だったら何歳を基準にするかなあ。少なくとも16歳の自分は思い出すと恥ずかしいのでパス。性格が悪くて了見の狭い、生意気な若者だったと思います(今も性格悪いけど、輪を掛けて悪かった…)。前にも書いたけれど、私は「若い頃に戻りたい」とはあまり思わないので、戻りたい(留まりたい)年齢を基準にするのはやめてと。結婚したのが24歳の時だから 24歳を基準にしてみたら…24歳208ヶ月…うわーなんか凄いな〜。今度MCで使おうかな (笑)

Web上で日数計算ができるサイトがあります。太っ腹〜

   実務の友

これで試してみたら、私は生まれてから既に 15,000日を超えていました。去年の11月6日で丁度 15,000日だったみたい。日数にしてみたら、多いような、でも案外少ないような。
category:アニメ・漫画・TV・映画  コメントを読む・書く (3)

鼻の穴は交代で仕事をしている

先日「ピタゴラスイッチ」を見ていて知ったのですが、息をするとき鼻の穴は普段片方ずつ働いていて、実際に空気が通るのはかたっぽだけ。数時間ごとに勝手に交代勤務しているのだそうです。…言われてみれば確かにそうです。40年以上息をしていて、こんなことに気づかないなんてビックリ!

みなさん知ってました?


と話を振っておきながら、これから関西に出かけますので、ここもちょっと留守にするかもです。
category:アニメ・漫画・TV・映画  コメントを読む・書く (4)

大好きだから!

フレッツ光のCMで、女の子が

 「ねえお願い、パソコン買うとき フレッツ光も一緒にね♪
  あなたのこと 大好きだから!」

といってから、「あ、私ったらこんな告白しちゃった…♪」みたいな顔をして、照れくさそうに目を逸らす、というのがあります。西日本だけかも。これがどうも鼻についたので、思わず「フレッツ光/大好きだから」をキーワードにググってみたら…どうやら男性諸氏にはあれがタマラン!って人が割に多いようで、そういうもんなんかーと妙に感心してしまいました。

 ※ 胡散臭いCMを見かけると、よく「●●(←企業名または商品名)/胡散臭い」でググって楽しんでいます。

今回検索してみて、彼女が長澤まさみという女性であること、その前の「勿体な〜い、フレッツ光を知らないなーんーてー」の女性と同一人物らしいことが判りました…え! あれと同じ子なの??(なにしろ私、人の顔を覚えないもので…)あのCMは可愛くて好きだったのになあ。どうやら女優さん本人よりも、こういうアホっぽい台詞を言わせてわざとらしい身振りをさせる演出意図そのものが気に入らないようです、私。
category:アニメ・漫画・TV・映画  コメントを読む・書く (11)

がっちりマンデーレシピ

先日のがっちりマンデー、ゲストはキユーピーの社長さんでした。マヨネーズを使ったエビフライ風料理が紹介されていて、凄く美味しそうだったので作ってみました。うちは揚げ物は一切しないんですが、これなら簡単ヘルシー。マヨネーズはクォーターを使用 (笑)

うわー、ちゃんとレシピも載ってるんですね〜。でも一度聞けば覚えられます。具材に小麦粉をまぶして、それからマヨネーズを塗って、さらにパン粉をまぶしてオーブンで焼けばできあがり。

大きなエビが売ってなかったので、小さなむきえびを購入。それだけだと寂しいと思い、鮭の切り身も買ってきました。

エビのほうは、小麦粉を入れたボウルにいっぺんに入れて粉をまぶしたら、次にマヨネーズを入れたボウルにまたいっぺんに入れてぐちゃぐちゃ混ぜて、その上からパン粉を振りかけてぐちゃぐちゃ混ぜる、という感じで大丈夫でした。鮭のほうは小麦粉をまぶした後一枚一枚指でつまんで、お箸で挟みながらツーっと滑らせてマヨネーズをこすりつけ、パン粉を敷いたパイレックスの容器に並べてから、その上からさらにパン粉を振りかけて、全体にまぶしました。

そのままパイレックスの容器に鮭を並べた上に、エビを適当に散らして、オーブンでチン。30分弱くらいだったかな。本当ならベーキングシートに乗せて焼いた方がいいかもしれません。面倒くさかったので、つい。

お好みで塩こしょうとか、クレイジーソルトなどを振りかけてお召し上がり下さい。ビールのツマミにピッタリだとダンナに大好評でした。お勧めです。
category:アニメ・漫画・TV・映画  コメントを読む・書く (4)
<< 1 2 3 4 5 6 7/7 >>

▲ page top