こんきちの雑記帳

アカペラ・ルパン・Mac そして日々の出来事…

■ アカペラ楽譜のネットショップ【こんきち堂】オープンしました ■
<< 2020年09月 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

トライトーンと一緒

待ちに待った、CashBox でのトライトーン・ライブ! その前に前哨戦としてワークショップまである。このワークショップは TryTone の HP でも CashBox の HP でも宣伝しておらず、CashBox の他のライブに足を運んだ人とか、ライブの予約をすべく電話した人の一部にしか伝えられていなかったためか、参加者40人ばかりの贅沢なものとなった。

全員にちづるさん(知らない人のために…トライトーンの Top)直筆による「世界に1つだけの花」の楽譜が配られ、まずは軽く音取り。ちづるさんがキーボードを叩いて音を取ってくれる。なんだか面白い光景だなあ。大体音が取れたところで会場全体で歌ってみるのだが、一番重点的に注意を促されるのが全員で同じ「ノリ」を感じるように、ということだ。

全体合唱が済むと次はグループに別れての練習に入った。あまとらは勤務中のテナもんや氏以外4人全員揃っていたので、取りあえず4人組むことにしたが、個人的に参加している人たちは、そこで臨時のバンドを組むような形になる。4th は全体的に品薄 (笑) だったので、テナもんや氏の穴には嘉一郎さん(知らない人のために…トライトーンの 4th)が入ってくれることになった。うわー。うわー。

グループ練習の間は、トライトーンのメンバーが各グループに散って歌うのを聞いてくれたりする。あまとらには嘉一郎さんが来てくれて聞いて貰ったが、「おお、もうちゃんと音も取れてるし、声も出てますね」という感じでサラっと通過されてしまった。メンバー全員自分より年上だから、助言もしにくいのかなあ (笑)

15分程のグループ練習のあと、1グループずつステージに上がって成果を披露した。嘉一郎さんと一緒に歌って緊張したが、貴重な経験だった〜。でも楽譜から目が離れないのがくやしかった。せっかくだったらもっと音を聞いて歌う余裕が欲しかったなあ。音覚えるの遅いなあ、自分。参加者には事前に楽譜を配って貰えれば、音取りの時間も節約できてヨリ良かったのにな(例によって「全員で音取り」の時間はキライ)。

8グループくらいの発表を聞かせて貰ったが、短時間でみんな音程的にはそれなりに仕上がってるのが印象的だった。というかある意味不思議…それほど簡単な譜面ではないのに。ライブを聴きに行くとどのバンドでもたいてい崩れちゃってハラハラする場面がとても多いのに(←毒舌)、イキナリ合わせた曲がこの位通るというのはどういうこっちゃ。トライトーンに指導を仰ぎたいという人たちばかりなので、音にはウルサいひとが集まったのかなあ?

そんな感じで、実りが大きかったかどうかは判らないけれど、楽しいワークショップだった。年末に引いた風邪で壊したノドが、まだ元に戻ってないのが悔しかったー。

ワークショップで、兵庫県で活動するアダルトバンド「Andante Coro」の方達とお知り合いになった。主に三田とか篠山の方で活動されてるらしく、今まではち合わせたことが無かったが、ちょっとクラシックのカホリのするバンドさんで、年齢的にはあまとらととても近いようで互いに親しみを感じた (笑) 。いつかご一緒しましょう、なんて話をする。

ワークショップ終了後、ライブまでの間に随分時間がある。シミニック先生もTSURUさんも用事があるとのことだったので、てんこちゃんと2人で食事に行くことにした。2人きりで食事って、実は初めてだったりするかしら? 告白すると、私は年下が相手でもなかなか敬語が外れないタチだ。それから年下の女の子が相手だと何故かキンチョーしてしまい、長時間2人きりで居ても困らない相手というのはそれほど多くない。てんこちゃんは年下の女の子であるにも拘わらず、2人で居ても全くキンチョーすることがなく、しかも抵抗無く敬語を外すことが出来た貴重な存在だ (笑)。

さて、食事が終わってもまだまだ時間がある。私が「長崎で手に入らないものを買いに東急ハンズに行きたい」というと、てんこちゃんも付き合ってくれることになった。長崎には東急ハンズが無い。ヨドバシカメラも無いし、ツタヤも無いし、なんとUFJ銀行の支店も1個もない! なので、関西に戻った時に色々用を足したりしている。…といっても、私が知らないどこかに売っているのかもしれないけど。今回欲しいのは、台所の食器洗いカゴに引っかけるコップ掛けと、冷蔵庫に粘着テープで貼り付ける、手首で扉が開けられてタオルも引っかけられるというフック。うーん、所帯じみてるなあ。どちらもハンズに行ったら一発で見つかった。

それでもまだ時間があったので、今度はてんこちゃんの要望で駅の方までブーツを見に行った。が、途中で可愛いスカートが目に入り、結局ブーツはやめてそちらを購入。私は…長崎に来てから引っ越しのストレスで (笑) 4キロ太ってしまったので、今は服を買うわけにはいかない! 4ヶ月で4キロとは、良い(良い?)ペースだなあ。戻るのには何ヶ月かかるやら。

せっかく駅の方まで来たので、ユザワヤにも寄ることにした。今着ているコート、2年ちょっと前に買ったのだが、こればっかり着てるので袖口の所だけ生地が裂けてきてしまっているのだ。他はどうということは無くまだ捨てるには勿体ないので、ソデに縫いつけるフェイクファーを購入。これであと3〜4年はきっと着られる。

そういえばこのコート、てんこちゃんがまだあまとらの正式メンバーになる前のお見合いの真っ最中に、当時てんこちゃんが所属していた女性コーラスグループのクリスマスライブを聴きに六甲道に行った時買ったのだ。2ステージ目と3ステージ目の間に大分時間があったので駅ビルをブラブラしてたら、丁度コートフェアをやっていたので衝動買いしてしまったのだった。懐かしいなあ。てんこちゃんが入ってもう2年になるのか…というか「まだ」2年という感じもする。2年でレパートリー50数曲にもしちゃうなんて、彼女は努力家だわ、ホントに。

さて、ユザワヤで用事を済ましてもま〜だ時間があるので、今度は CashBox の近くまで戻ってコーヒーショップでお茶することにした。数時間前にお昼を食べたばっかりなのに、ケーキも食べちゃうんだな、これが。しかしてんこちゃんも結構よく食べるのに、なんで太らないんだろう…やっぱり運動量が違うのか。(^。^;) 開演30分前に店を出ると、用事を済ませて CashBox に向けて早足で歩いてくるシミニック先生と奇跡のようなタイミングでバッタリはち合わせた。ビックリした〜。

3人で CashBox へ向かう。もの凄い混雑で、お客は150人位いる感じ。指定された席は、偶然テナもんやさんの隣の席であった。すし詰め状態ながら、心ゆくまで堪能する。今回は韓流ブームに乗って、「冬ソナ」の歌に加えて韓国語の歌が2曲あった(ちょっと多すぎな感も)。

曲の合間のお喋りで、「Where is the Dove ?」は青木さん(知らない人のために…トライトーンの Bass)がゴミ出しのときに思い浮かんで作った曲だという話を披露してくれ、「確か『Moon』の時もそんなこと言ってたよなあ」と思って聞いてたら、多胡さん(知らない人のために…トライトーンの 3rd)が同じツッコミをした。「今度もう1曲ゴミ出しのとき作って、そのうちゴミ出し3部作として発表しましょう」というMCにウケまくってしまった。最後の「アカペラでゆこう」は「ご存じの方はご一緒にどうぞ」と会場に呼びかけてくれて、かなりのお客が一緒に歌っていた。しかもハモリパート (笑)。アンコールで再びステージに出てきた時、ちづるさんはちょっと感動してウルウルしているようで、私ももらい泣きしてしまった…。滅多に来ない関西で、これだけの人が自分たちの歌を、しかもハモリパートを知っているというのはやっぱり凄いことだよねえ。それは嬉しいよねえ。ううう。私も嬉しいよ。

終演後、サイン会が終わってもまだ会場に粘っていたら、キーヨさんたち学生のバンドさんが「約束の場所、日曜日」を多胡さんの前で歌ってアドバイスを貰っていた。「この曲は歌ってくれてる所あんまりないから嬉しいよ」との多胡さんの声に、あまとらメンバー思わず「うちもやってます」と手を挙げてしまった (笑) オトナゲナイよ、平均年齢40バンド…で、私達も何か聞いて貰いたい!と思って、あんまり他のバンドが歌ってない曲を歌おうと相談したが (笑)、結局自信がないということで(ダメじゃん)無難なところで「幸せもあこがれも」を多胡さんに聴いて貰った。

途中「このノリで!」といって一緒に歌いながらリズムを取ってくれ、キンチョー!コーフン!カンゲキ! 歌い終わって、「素晴らしい、音程はカンペキ!」と誉めてくれたのが、どこまで本気かは分からないけれどムチャクチャうれしかった。そして、やはり課題はリズムであり、全員で同じノリ、同じグルーブを感じることの大切さを説いてくれた。ツネヒゴロ、あまとらの一番の音楽的課題はやっぱりノリだよなあ、とは思っていたが、尊敬する人に改めて指摘して貰えると、みんなの志気が上がることこの上ない。「こんなもんでいいか」と思ってしまったらそこで止まっちゃうので、頑張って追求していきましょう!と互いに再確認したのであった。

ワークショップでは嘉一郎さんと歌い、終演後には多胡さんにアドバイスを貰い、なんて充実した日だったのだろう。シアワセ〜。

会場には RENT さんやキザ夫ご夫妻、VIVA-DIVA ご一同様も来ていた。ナント金沢からちかさんも来ていたが、彼等とはあまりお話しする時間は無くて残念。会場を後にし、てんこちゃんは持ち帰り仕事があるので (T-T) 一緒に来ていたダンナさんと一緒に帰宅。残りの4人+さわいさんの5人で、近くのラーメン屋に入りうち上がる。凄く美味しかったが、5人一辺に座れなかったのが残念!

〜後日追記〜

忘れてた! 終演後、ちづるさんと多胡さんに1つずつ質問をしてみたのだった。

ちづるさんには「私達、CとかFとか白鍵の多い調が苦手なんですけど、トライトーンにも苦手な調ってあるんですか? どうやって克服していますか?」と訊いてみた。答えは…

トライトーンも、やはり白鍵の多い調はやりにくいのだという。白鍵は音の幅のイメージが広くて、キッチリ合わせるのが難しい、とのこと。う〜ん、よく判る…。で、克服の方法はというと…第1の方法は「突き詰めないこと」(笑)。追求してもドツボにハマってしまうので、しばらくその曲のことは忘れて、ほとぼりが冷めた頃に戻ってくる、というのだ。ウン、これも判る! 久しぶりにやってみたら何故か上手く行った、ってことあるものね。ハマっちゃってるときは、その曲に変な調整のイメージが付いちゃってるのだな。しかしあっけらかんとした解決法に笑ってしまった。それも実力があればこそなんだけど。

2つ目の解決法は、「他のパートを聞く」という成分をより多くする、ということだ。オーソドックスではあるが、なるほどなあとナットク。判っているつもりで居ても、きっと出来ていないんだろうと思う。今度「My Cherie Amour」をやるときに、気にしてみよう。

そして多胡さんには、「『Tea For Two』を耳コピさせて頂いてるですが、間奏の部分の「めらめらめー」っていうの、何語で、何て言ってるんでしょうか?」と訊いてみた。答えは、「何語でもありません」とのこと。やっぱり! (笑) 「スペイン語が判る人に聞いて貰ったら、スペイン語じゃないみたいだって言われたんです。」と伝えたら、「なんて恥ずかしいことを!!」って笑っていた。ゴメンなさい〜。というわけで、あすこはテキトーに歌って良いみたいです。>全国の耳コピヤーのみなさん
category:アカペラ・音楽  コメントを読む・書く (4)

あまとら練習(2)

あまとら、本年2回目の練習。来月また伊丹の「Tomorrow」で歌おう、ということになったので、新曲を練習してみた。うん、こないだよりは随分いいね♪

練習の時は、長崎空港で「豚角煮まん」とカステラを買って持っていくのがすっかり習慣になってしまった。角煮まんはメンバー各位に大好評。前に一度練習の間に食べる時間が無かったので家に持って帰って貰ったら、ご家族にも大絶賛されたとのことだったので、最近では5個入りを2つ買っていって残りをオミヤゲに差し上げている。

今や全員所帯持ちのあまとら。ご家族のご理解ご協力あってのアカペラ活動なので、大事にしなきゃとシミジミ感じる今日この頃。
category:アカペラ・音楽  コメントを読む・書く (0)

ブルーになる日

時々無性に関西での生活が恋しくなる時があります。今日もそんな日でした。悲しくて胸が詰まって、目がジワっとしてきます(シワではない)。後ろを向いててもしょうがないんですけどねえ…。

これまで何度も引っ越ししてるけれど、こんな精神状態になったのは初めてです。結婚してすぐトルコに赴任したときも大丈夫だったのに。よっぽど関西が楽しかったってコトですね。それとも歳を取ったのかしら…(^^;;;

明日は関西に帰ります。今週末はアカペラ三昧! わくわく。
category:  コメントを読む・書く (0)

在日北朝鮮人のココロ

在日の北朝鮮人が、Jリーグに2人居るのですってね。しかも北朝鮮のナショナルチームと合流するのですってね。余計なコトですが、彼等がどういうメンタリティーで生活しているのか、すごーく不思議になってしまいました。私には在日北朝鮮人の知り合いが一人も居ないので勝手な想像しか出来ませんが、在日北朝鮮人コミュニティーの人って、みんな金○日教の信者ってわけじゃないのかな。もしそうだとしたら、日本の社会で暮らしてて周りの日本人が憎たらしく見えてこないのかしら。そうじゃなくフツーに日本に溶け込んでしまっているとしたら、自分の国の元首の暴挙を情けなく思ったり、逆に彼等が粛正の対象になったりしないのかしら。一緒にサッカーとかして、「堕落した西側の犬め」とか言っていじめられたりしないのかしら。

余計なお世話ですけど、きっと色んな葛藤があるんでしょうね。

しかし今回ナショナルチームと合流した2人、ひとりはエラいイケメンではありませんか。(そうじゃない方の人、ゴメン。)生活もすっかり日本人と変わらないようで、ゼッタイ見分け付きませんね。北朝鮮チームからすごーく浮きそうな気がする…
category:  コメントを読む・書く (0)

4人目決定♪

イケメン氏の N-core 正式加入が決まった♪ あとはテナーを探さねば。色々デジタル撒き餌はしているが食い付きが悪いので、やはりアナログな手段に出ないとダメそうだ。まずはタウン誌の「ザ・ながさき」にメン募投稿、それから某合唱団にスカウトに行くぞ!
category:アカペラ・音楽  コメントを読む・書く (2)

Finale、重いよ…

シゴトで Finale 2004 を使うハメになった。これまでは 2003 を使っていて、OS9 環境ではこのバージョンが安定して使い易かったのだが…2004 は重い! うちのメインマシン(PowerMac8600/200+G3カード400MHz) では、とてもとても仕事にならない。仕方ないので iMac で OSX を起動して作業した。

しかし、機能的には色々充実して、便利ではあるようだ。う〜ん、もうそろそろ、メインマシンも替え時だろうか。もう買って8年目になるものなあ。愛着があって捨てがたいし、かといってこれ以上飼っておく Mac を増やす場所も無いし(既に4台保有中)…迷う迷う! オークションで見ると、デュアルブート可能最終型の、デュアル CPU が20万ちょい、シングル CPU が15万程度のようだ。欲しいけど…でも iMac でも Finale はまあまあマトモに動いてたしな〜…問題は、Finale での仕事には必需品である PS プリンタが、我が家では未だに AppleTalk のシリアル接続で、iMac と繋げないってコトだ。だからまたメインマシンに戻してプリントするのだ。で、OS 9 でプリントしてみたら、文字の位置情報が狂ってしまって使い物にならなかった。EPS に落として Quark で印刷すれば大丈夫だけど…こりゃ大問題だ。もし OS X で刷ればちゃんと刷れる、ということなら、Mac 本体よりもプリンタの方を新しく買わないといけないかも…。
category:物欲・Mac  コメントを読む・書く (0)

オーシャンズ・イレブン

私は普段映画をあまり見ないが、この間の土曜日は珍しく、テレビで放送していた「オーシャンズ・イレブン」を見た。ダンナがたまたまチャンネルを合わせたのだが、ルパンファン仲間から「ルパンみたいなテイストがあって面白い」という話を聞いていたこともあって、私も観てみることにした。確かに面白そうだ…けど、この吹き替えの翻訳ってちょっとヒドくないか? 最近の吹き替えモノって、みんなこんな感じなのだろうか。もっとこなれたフツーの日本語に出来ないものか? 例えば、どうして罵倒の言葉に「このブタのケツ」なんて言い回しを使ったりするのだろう。日本人が普通に使う語彙の中にはこんなフレーズは無い。いや、関西人が関西イントネーションで言えば何となくシックリくるような気がするけど (笑) 標準語の会話の中に唐突に出てくると明らかに不自然だ。罵倒の言葉は英語には沢山あるのに対して、日本語ではその手の語彙は割と貧弱であるのは確かだが、バリエーションよりも、不自然に思えるような言葉を避けることの方が重要ではないだろうか?

「刑事コロンボ」の吹き替えなんかは、最近の作品は見てないけど、昔見た時はセリフに全く違和感を覚えなかった。きっと翻訳家が優秀だったんだろうな。吹き替え版を作る時には、翻訳の出来不出来は非常に大事だと思うんだけど、「オーシャンズ・イレブン」はその重要性を軽視しているようにしか思えない。これって一体誰が訳したんだろう?

そんなわけで、この映画は翻訳の不自然さに興醒めする場面があまりに多かったので、最後まで真剣に見なかった。これはきっと字幕スーパーで見た方が楽しいだろう。字幕スーパーの訳もアリャリャと思うことがあるけど、訳を読めば原語も多少は聞こえてくるのでそちらを味わうことも出来る。でも字幕スーパーって見るのに結構気合いが要るんだよねえ…スーパー見ないでもセリフが判ればいいんだけど。

最近の作品に限らず、大抵の吹き替えモノは、画面を見ていなくてもセリフを10秒聞いていれば、興醒めとまでは行かなくても「これは吹き替えモノだな」と判ってしまう。思うに映画翻訳の世界には映画翻訳独特の言い回しというモノが既に出来上がってしまって、多くの翻訳家はその世界に浸かりながら訳しているのでは無いだろうか? アテている声優にも、翻訳ものをアテるときの独特の調子というものがあるように思うが、これも元々は翻訳の不自然さが生んだモノでは無いだろうか…それとも原語を聞きながらアテるので、そっちに釣られて日本語っぽくなくなるのかな。どっちにしても、興醒めするくらい不出来な吹き替えはやめて欲しいもんだわ。
category:アニメ・漫画・TV・映画  コメントを読む・書く (0)

引っ越しました。

Blog を引っ越ししました。goo は去年私が送った質問に、実に1ヶ月近く経ってから返事をよこしましたが、それがあまりに遅かったのと、要望事項が改善される見込みがなかったのとで、引っ越しに踏み切りました。ここは HTML もいじれるし、有料コースにすれば FTP も使えるのが気に入りました。ただ、コメントにタグが使えないのだけが不満。要望出しておこうっと。
category:Web関連  コメントを読む・書く (0)

N-core の練習

久々に N-core の練習。今年の初顔合わせだ。イケメン氏も登場し、4人で濃ゆーい練習をした。今日も D16 を持ち込んで練習を録音してみたが、イケメン氏は歌もかなりイケると見た! 五線の下の低音は苦しいと言っていたがそれもイイカンジの音質でクリアしているし、歌は未経験ということだけど管楽器を吹いてるだけあって、息も安定している。音感も良さそう。正式メンバーに、なってくれるかな♪

ところで、先週イケメン氏とゆうさんご夫妻のご子息は、同じ日に風邪ではなく別の同じ病気に掛かっていたことが判明した。「嘔吐下痢症」だそうだ…苦しそう (T-T) きっと赤い糸で結ばれてるのですね(?)
category:アカペラ・音楽  コメントを読む・書く (0)

イマドキの成人

今年も成人式は荒れたようだ。といっても、ごく一部のことなんだろうけど。しかし荒れたという成人式のニュース映像を見ていると、どうみても行動パターンが中学生だ。平均寿命が格段に延びた今、オトナになる時期も後ろにずれ込んでるんじゃないだろうか…成人式って、25 か 30 に変更したほうが良くないか? 選挙権を与えるのもその位からにしたほうが良かーないだろうか…。私の周りには、オトナなハタチもちゃんと居ることは居るけど、サンプル数が少ないから若者の実体がよく判らないなあ。自分がハタチの時も今考えると恥ずかしいけど、最近は20年前よりも更に、ハタチがコドモになってきてるような気がする。

本日は家でおとなしくしておりました。ダンナはゴルフレッスン場で一人遊び。
category:  コメントを読む・書く (0)
|<< << .. 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104/104 >>

▲ page top